(050) 一日一生

昔、キリスト教の無教会主義で有名な内村鑑三*の「一日一生」という本を読んだことがある。内村鑑三は明治の代表的キリスト者で、この本は聖書の言葉を366日分として編んだもの。

若い時分、「人間と神の存在」について考えあぐねていたろころ「一日一生」という題名に惹かれて読んだことがある。
キリスト教徒でもなく聖書など紐解いたこともないため、内容的にはよく理解できなかったことを記憶しているが、毎朝家を出る前に一編ずつ読んだものである。

誰にとっても明日という日が必ずやって来るとは限らない。今日が自分の最後の日となるかも知れない。
「一寸先は闇」の諺のごとく、最後の日は誰一人知らされていない。「一日一生」である。
(今日一日が自分の一生の最後の日だと思って精一杯生きよう。)

また、人は日々新しい人生を送っている。一日とて同じ日はない。
そのため(一日が一生とも言えるので、今日の一日に全力を尽くそう。)

(一生の最後の日は必ずやって来る。今日の日が最後の一日となるかもしれない。)と理屈では解っていても、心情的ににそのことを内観することはなかなかむずかしい。
今また、緩慢な日々を送る中で「一日一生」という言葉に思いを致した次第である。

*内村 鑑三(1861年 ~ 1930年)は、日本のキリスト教思想家・文学者・伝道者・聖書学者。福音主義信仰と時事社会批判に基づく日本独自のいわゆる無教会主義を唱えた。(Wikipediaより)

ルノワール(1841年 - 1919年)「ベニス・サンマルコ広場」

ルノワール(1841年 – 1919年)「ベニス・サンマルコ広場」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です