(015)PCは永久に存続する

コンピュータの話といえば、最近はスマホやタブレットの話題ばかりが賑やかに語られている。中にはもうPC(デスクトップ、ノート)は必要ない、そのうち消えていってしまうだろう。などと言っている人もいる。

考えるに、スマホやタブレットは移動しながら操作ができるところから、そのように言われるのであろうが、将来PCはその存在価値を失うことになるのだろうか?
いや、決してそんなことはないと思う。

小型の移動体は確かに何をするにも便利だあるが、何分画面の大きさに制限があることが1つネックである。
メールにしろ、文章作成にしろ、長文を作成するときに全体を見渡すのに不便であり、また人間の手のサイズに合ったキーボードを叩くのにも不便である。

また、複雑なOffice操作やPC上で何かを生み出す場面など、もろもろの複雑系の操作には向いていない。

さらに、世の多くの人々は移動しながら何かを行うわけではなく、大半の人々は仕事を始め一定の場所で操作するのが効率的でもあり、現実もそのようになっており、将来的にその形は変わらないであろう。

ただ、IT技術の進化は速く、それに伴う人々のニーズも変化して行くので、それにあった柔軟なPC対応が必要なことは言をまたない。 

ウジェーヌガリエン-Laloue(1854-1941)

ウジェーヌガリエン-Laloue(1854-1941)