(050) 一日一生

昔、キリスト教の無教会主義で有名な内村鑑三*の「一日一生」という本を読んだことがある。内村鑑三は明治の代表的キリスト者で、この本は聖書の言葉を366日分として編んだもの。

若い時分、「人間と神の存在」について考えあぐねていたろころ「一日一生」という題名に惹かれて読んだことがある。
キリスト教徒でもなく聖書など紐解いたこともないため、内容的にはよく理解できなかったことを記憶しているが、毎朝家を出る前に一編ずつ読んだものである。

誰にとっても明日という日が必ずやって来るとは限らない。今日が自分の最後の日となるかも知れない。
「一寸先は闇」の諺のごとく、最後の日は誰一人知らされていない。「一日一生」である。
(今日一日が自分の一生の最後の日だと思って精一杯生きよう。)

また、人は日々新しい人生を送っている。一日とて同じ日はない。
そのため(一日が一生とも言えるので、今日の一日に全力を尽くそう。)

(一生の最後の日は必ずやって来る。今日の日が最後の一日となるかもしれない。)と理屈では解っていても、心情的ににそのことを内観することはなかなかむずかしい。
今また、緩慢な日々を送る中で「一日一生」という言葉に思いを致した次第である。

*内村 鑑三(1861年 ~ 1930年)は、日本のキリスト教思想家・文学者・伝道者・聖書学者。福音主義信仰と時事社会批判に基づく日本独自のいわゆる無教会主義を唱えた。(Wikipediaより)

ルノワール(1841年 - 1919年)「ベニス・サンマルコ広場」

ルノワール(1841年 – 1919年)「ベニス・サンマルコ広場」

(049) 「国益」「国益」と言うけれど

政治家がよく使う「国益」という言葉が近年横行しているように思う。「国益」とは何か?
「国益」の考え方は、これまでの時代的背景や各国の政治社会体制、民族的、宗教的、文化的価値観などにより一様ではない。

我が国においても、「国益」という言葉は極めて漠然とした概念で使用されており、何事も(国益上の問題)として片付けられてしまう危険性を感じる。
要は「国益」と言えば何でも通るのかと言うことである。まるで、時代劇映画に出てくる水戸黄門の「この印籠が目に入らぬか!」ごときの印象さえ受けることがある。

「国益」の主たる目的は、国民の生命・財産を守り、文化の向上を図ること、と言うことだろう。このように漠然とした概念のもとに、政治的問題が片付けられる危険性があるということである。

世界は今グローバリゼーションの大きな流れの中にある。経済活動が世界規模で広がり、相互依存の関係が今後益々進化していくことだろう。
このような世界において、旧来の「国益」の概念では対処することは出来ない。今や国際関係を抜きにして「国益」を考えることは不可能であり、単一の国家利益を追求することは出来なくなったということである。

各国が自国の国家利益ばかりを前面に出すような状況では、平和を構築することが出来ないのは明らかである。もはや「国益」をうんぬんする時代ではなく、各国とも「人類の利益」を前面に掲げて進む以外に、為す術もない時代が到来したと言うことではないだろうか。
このことを前提として、これからの国家のあり方を考えなければならない。

ルノワール(1841年 - 1919年) 「パリで一番古い橋のポン・ヌフ(新橋)」

ルノワール(1841年 – 1919年) 「パリで一番古い橋のポン・ヌフ(新橋)」

(048) 自分の過去と決別する

人はだれでも多くの過去を背負っている。誰でも知っている徳川家康の遺訓「人の一生は、重荷を負うて遠き道を行くが如し・・・」* とはよく言ったものだ。
過去の中には思い出して楽しくなるものもあるだろうが、逆に思い出すと暗い気持ちのなる過去や怒りがこみ上げてくる過去、自分の至らなさに後悔する過去、など様々であろう。

また人は、自分の過去を体中に溜め込んで今の生活を送っている。そのため、時にはその過去に強く引きずられため、気持ちがネガティブになり、なかなか前へ進むことが出来ない。
これでは自分が変化することなど思いの外である。新しいことに挑戦しようとしても、真から気持ちを入れて取り組むことが出来ない。

それではと、過去を忘れようと思っても絶対に忘れることは不可能である。過去は永久に消えることはない。
『過去と決別する』
過去に経験した色々な状態を消去することは不可能だし、また心のなかに延々と残っている過去の感情はそのままに置いておきながら、過去と決別する気持ちをはっきりと意識することが肝心であろうと思う。
今の自分、今の環境「今」に執念深くこだわり、その上でこの先の自分を見つめながら、少しずつ切り開いて行くことではなかろうか。

舟遊びの人々の昼食

ルノワール(1841年 – 1919年) 「舟遊びの人々の昼食」

(047) 「日本国」の中の「東京国」ということ

以前、米CNNテレビのニュースサイトで、世界一魅力的な都市として50の理由を掲げて「東京」が挙がったことがある。*

*米CNNテレビが発表している「東京が世界一魅力的な都市である理由50」に、次のようなことが挙げられていた。
世界一優れた交通システム・世界最多のミシュランレストラン、若者ファッション、アートカフェ、隅田川の屋形船、お祭り三昧、地上数十メートルもの高さでビルの隙間を潜り抜けながら走る(首都高)、巣鴨地蔵通り商店街(おばあちゃんの原宿)、世界一混雑の凄まじい渋谷駅のスクランブル交差点、電車一本で行ける高尾山、狸・キジ・狐など動物達の都心の聖域(皇居)、高級ブランドの街(銀座)等などとその理由が挙げられている。

確かに東京はもろもろの顔を持っている。そして世界中のものが揃うのも東京であり、まことに飽きることのない刺激的で魅力的な街だと思う。
まるでワンダーランドと言った感である。しかし一方東京はバラエティーに富み変化の激しいため街であるため、精神的にはあまり落ち着きのない街とも言える。

他の国の首都がどのような状況かは住んだことがないので良くは分からないが、東京の場合は普通の大都市と言ったものを超えて、異質なものを持っているようにも思えてくる。
以前東京に住んでいた頃のことを思い出すと、(住んでいる時にはあまり感じないが)その慌ただしさから、いつも何かに追い立てられていたように感じていたように思う。
地方出身の人だったらこの気持が分かられるのではなかろうか。

東京居住者の多くは、すべての情報が東京に集まっているために、無意識の内に「東京が全て」と言った意識が充満し、地方のことが見えなくなっているような気がする。
「日本国」に住んでいるというよりも、言わば「東京国」といった別の国に住んでいるという感覚になっているように思われるのである。
東京以外に住んだことのない人は特にこの傾向が強いように感じる。

地方に住んでいると大量の情報が東京からもたらされる。誰しもその情報を元にして地方のことを考えることとなる。
地方に住む人々は、その行動の仕方は東京とはまったく違うが、東京発情報の浸透具合から、感覚の面だけを取り上げれば東京とほぼ同様な感覚を持つこととなる。
しかして全国津々浦々まで情報が行き渡り均一化された現代日本社会では、地方独特のものは生まれにくいということになる。過去に培われた地方文化を育てるしか手がないようだ。

今、地方再生がうんぬんされているが、かかる現実では地方の活性化はなかなか難しいことだろう。
ただ、中小都市においては東京と比較しても日常生活に困ることもなく、ことに住環境については東京より地方の方が優っていることは明らかである。
「東京は住むところではない」と皆言う。そのとおりだろうと思うが、でも東京の魅力から離れることが出来ないのだろう。

これからも高齢化社会はますます進んで行く。また各地方も人口減により空き家がどんどん増えて行っていると聞く。
高齢化社会における地方再生を考えるに、『居住する』というキーワードで何か良いアイデアが浮かばないものだろうか。終の棲家を地方が提供し、何か高齢者でも出来る仕事を東京から移転することは出来ないものだろうか。

(全国の中小都市に巨大な「シニアセンター」なるものを作って、東京からもろもろの異業種を集め、そこに共生社会をつくる。)

ルノワール(1841年 - 1919年)  「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」

ルノワール(1841年 – 1919年) 「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」